白鳥

カミーユサンサーンス作曲
動物の謝肉祭より第13番曲「白鳥」





聴けばだれもが「ああ、あの曲ね!」と思う楽曲です。
(詳しくはWEBで・・各々ご検索を(笑))



私は過去にピアノとチェロの組み合わせで聴いた記憶があります。
チェロの音色が、心身に心地よく響くのですよね。優雅に。

その曲が、現在、わたくしのヴァイオリン個人レッスンの課題になっております。

このブログを書いているWは、幼少のころはクラシックピアノを少々習っておりましたが、
基本的にはポップス育ちです。

が、アコースティック楽器が大好きなので、
シンガーソングライターの活動を開始直後から、
自分のオリジナル曲に、ヴァイオリンのサウンドを入れてまいりました。


まさか、大人になって、ヴァイオリンを習うことができるとは思っておりませんでしたが、
ヴァイオリンを手にして、実際に弾いてみると、
気候の変化や、楽器そのものの共鳴の仕方、
弓を変えただけで、弾きやすさや音色が変わるなど、
ヴァイオリン素人なのにもかかわらず、体感できる音色に、
毎度感動…しながら、毎度先生に「ああ…本当にこんな音色でごめんなさい」と思います(笑)

私が弾くと、ぼへぇ~とした音なのに、
先生が弾くと、ヴァイオリンの人格(品格?)が変わるのです。
別人です。魔法をかけられたように。


というわけで、私が弾く「白鳥」は「合鴨だ」と思いながら、
本日レッスンを受けてまいりました。

ヴァイオリンを大人が初めて習い始めるのは、大変困難だと聞いたことがあります。
実際、弓の動かし方(ボーイング)や、指の動かし方(運指)は、難しいですね。
特にボーイング。弓の角度がずれると、音もキリキリしたり、すっかすかになります。


私が30歳すぎて、ヴァイオリンをなんとかはじめられた理由は、
音感があるということのみです。


たまたま、「ドがドに聴こえる」「ドが、ちょっとずれてたら気持ち悪い」とかわかる耳だったのです。
それを絶対音感というのかどうか。どうなんだろう。
音楽をやる上で便利っちゃ、便利です。不便っちゃ、不便です。

しかも、音がわかるからと言って、歌の音程を外さないわけではないという。
むしろはずす。ああ難しい。

余談でした。

こうして、音感だけを頼りに、
ヴァイオリンをかろうじて、亀の歩みで進めております。

「合鴨」も、いつか「白鳥」のように優雅に。
いや、合鴨だって、けっこう優雅に泳ぐのですよ。
(合鴨20年飼育していたので、生態に詳しいです)

どうでもいい話ですね。

こんな人物が、当Studio239にはいますよというご紹介でした。
こういうのを「自己開示」というのでしょうかね、大事だと思っています。
奏者の方にとって、どんな人が運営をしているのかわからない場所でなんて、
気持ち良く演奏できないですよね。


次はどんな話題を書きましょうね。


自己開示特集でもしましょうかね。


なんにせよ、読む方に、「へぇ」と思っていただける内容にしましょうかね(笑)
音楽的雑学とかね。



今日はこれまで。
[PR]

by studio239 | 2012-06-12 23:26 | つれづれstudio239